転職時の面接に対する準備について

転職時の面接で重要な離職理由の考え方

転職時の面接では以前の職場の離職理由が非常に重要になってきます。それにより、面接官の印象はがらりと変わってくるからです。例えば、前の会社で海外営業を5年間経験したが、さらに厳しい外資系の会社でどこまでやれるか試してみたいなどのスキルアップ系、自分はもともと文系なので営業をしているが、プログラムが得意なのでIT系の会社に転職したいなどの特技を活かす系はそれを大々的にアピールしましょう。その際、前者であれば、前の会社の海外営業で身に着けたスキルや行った国々、滞在期間や営業の実績などをアピールしたり、TOEICの点数を取っていればなお良いでしょう。後者であればどんなプログラムができるか、通学や通信で学んだことがあるならその学校、資格を取得したならその資格、SOHOやアルバイトでの実績をアピールできるようにしておきましょう。

このように転職理由がスキルアップ系や特技を活かす系であれば、まず本音をそのまま離職理由とできる点で面接には有利です。但し、その離職理由を具体的に表す前職での実績や経験、取得した資格などをプラスアルファできるようにしておくことが重要です。できれば転職活動を行う前にこれらを準備しておきましょう。

役立つ・使える情報

Copyright (C)2017転職時の面接に対する準備について.All rights reserved.