転職時の面接に対する準備について

転職時の面接で重要な離職理由の考え方

転職時の面接では以前の職場の離職理由が非常に重要になってきます。それにより、面接官の印象はがらりと変わってくるからです。例えば、人間関係あるいは、給料や労働時間を含む待遇面に不服があっての転職であったり、会社の倒産や解雇などの自己都合でない転職の場合、転職理由には本音と建前の使い分けが重要になってきます。まず、人間関係が理由の場合、それをまともに面接でいうべきではありません。なぜなら、次の会社でも人間関係でうまくいかずに辞めるのではないかと面接官が不安に思うからです。たとえ本音はそうであっても、違う建前の理由を考えましょう。

また、給料や労働時間を理由とした転職も同様のことが言えます。例えば給料の高い会社を目指す場合、より給料の高い大手を目指すか、より給料の高い業界を目指すのが一般的です。その場合、前職で培ったスキルを活かしてもっと大きな仕事がしたかったとか、同様のスキルが次の業界ではより生かせるのではないかと考えたなどの理由に変えるといいでしょう。

最後に会社都合の転職ですが、解雇や倒産といった理由は仕方がないことですから原則きちんと受け止めてもらえますが、回数が多いと本人の能力のなさや運のなさを疑われます。運のなさなどどうしようもないことですが、経営者にはげんを担ぐ人も結構多く、注意が必要です。

役立つ・使える情報

Copyright (C)2017転職時の面接に対する準備について.All rights reserved.