転職時の面接に対する準備について

転職時の面接で重要な志望動機の考え方について

転職時の面接にのぞむとき、必ずと言っていいほど尋ねられるのが、なぜその会社を志望したかの志望動機です。それをきちんと面接官に伝えることができなければ、面接を通過することはできません。但し、恩赦は憧れの会社でしたなどという志望理由は、転職活動では通用しません。転職活動における志望理由は経験者を募集しているのか、未経験者でも応募できるのかによって変わってきます。前者であればできるだけ前職での知識や経験、身に着けたスキルや特技を次の会社ではこのように生かせるといったスキルアップ系や特技を活かす系の志望理由にする必要があります。そのときは前職と同業界や同職種ならばより説得力があるでしょう。異業種、異職種ならば、それでも、活かせるという何らかの根拠(特技や資格)を示す必要があります。なければ、できるだけ転職前にそれを準備するか、ハローワークの職業訓練制度を使ってそれを準備します。

また後者、つまり未経験者の募集であっても、できれば、前職との共通点や、経験を活かせるものがある方が良いに越したことはありません。学生時代のアルバイトの経験や、学生時代に学んだ学科や科目、部活動やボランティア活動、趣味など少しでも関係があり、使えそうなものは積極的にアピールすると良いでしょう。
Copyright (C)2017転職時の面接に対する準備について.All rights reserved.